伊東純也の性加害は何があった【時系列】虚偽告訴罪は10年以下懲役

スポンサーリンク

日本代表快速ウィングの伊東純也選手。

その伊東純也選手にまさかの性加害報道が出ています。

が、虚偽申告ではないかと言われており、本当に証拠があったのか、被害女性2人が刑事告訴をしており、すでに大阪府警天満署が受理したとのこと。

スポンサーリンク

伊東純也の性加害報道

1月31日、サッカー日本代表の伊東純也選手に性加害報道が出ています。

1月31日のデイリー新潮には次のように記載されています。

その伊東が性加害で刑事告訴されていたことが分かった。

デイリー新潮

これには、バーレーン戦を控える日本代表も、ファンも大驚き。

2023年6月21日

時系列で伊東純也選手の今回の騒動についてまとめます。

まずは2023年6月21日、

「パッと目が覚めた時には、伊東さんが私の上に覆い被さっている状態。部屋は暗かったのですが、伊東さんの顔が私の目の前にあるのは分かりました。その光景は、はっきり覚えています」

23年6月21日未明、大阪・中之島にある高級ホテルのベッドで意識を失っていたという20代の女性・Aさんは「性被害」についてこう振り返る。

デイリー新潮

前日の6月20日はパナソニックスタジアム吹田、でペルーとの試合がありました。

飲食店で彼女たちと合流し、レンタカーでホテルに向かっています。

そしてお酒を飲ませ、同意を得ないまま行為に及んだのだとか。

これがもし事実であれば完全に黒です。

大阪中之島はオフィスやビルが多く、高級ホテルも多いです。

中でも、コンラッド大阪は有名でここのホテルを使用していた可能性もあります。

Google

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3丁目2−4

1泊2名で86000円と高級ホテルですよね。

2023年9月以降

謝罪を求め続けた被害女性は、11月に入ってから弁護士を通しています。

伊東純也選手側は、

・同意があった
・金銭による示談を提示
・口外禁止条項

を掲げたため、女性側が怒ったというわけです。

2024年1月18日刑事告訴

そして先ほどの被害女性Aさんと、Bさんが大阪府警天満署が刑事告訴を受理しています。

すべてが嘘で虚偽であればこういったことには発展しない、とも考えられます。

スポンサーリンク

伊東純也の性加害は虚偽申告なのか

伊東純也選手の性加害は虚偽申告であるといわれています。

・もし虚偽であればどうなるのか
・性加害が真実である可能性

について考えていきます。

虚偽申告罪か

もし本当に虚偽、であれば虚偽申告罪が適用されて、

3カ月以上の10年以下の懲役となります。

虚偽告訴罪(きょぎこくそざい)とは、相手を刑事処分・懲役処分を受けさせる目的で虚偽の告訴を行った者に対して課せられる刑罰で、罪を犯した人物は3ヶ月以上10年以下の懲役に処されます

ベンナビ

伊東純也選手は、同意があったとしているため、

水掛け論になる可能性もありながら、そういう行為になったことは間違いなさそうです。

虚偽ではない可能性

以下の2点が伊東純也選手の性加害が虚偽ではない可能性を高めています。

・伊東純也選手の弁護士が代理人を辞任しているということ
・被害女性A、Bさんの証言が詳細であること

弁護士は伊東純也選手と弁護方針が折り合わなかったため、代理人を辞任しています。

さらに、被害女性の証言が詳細までコメントされているということ。

この2点が虚偽ではないのでは?という理由です。

スポンサーリンク

伊東純也は性加害したのか世間が話題に

やはり確証が得られない状況で、ましてや代表戦の前にこういった報道を流すのは…

という声が圧倒的に多いようです。